11月22日『いい夫婦の日』は、『いい夫婦の日をすすめる会』という団体が、

「日本中のご夫婦に一層素敵な関係を築いていただきたい」という思いから制定されました。

そんな『いい夫婦の日』ですが、この日に入籍したいという人も多いかと思います。

そこで気になるのが、この『いい夫婦の日』に入籍した人の離婚率

「いい夫婦の日に入籍すると離婚率が高い」という噂もちらほら。

せっかく縁起がいい日だと思ったのに、離婚率が高くては意味がありません。

そこで今回はそんな気になる離婚率の真相を調べてみました。

Sponsored Link

いい夫婦の日に入籍した人の離婚率は高い?

結論から言うと、いい夫婦の日の離婚率が高いというようなデータはありません。

ただ、結婚記念日は一生残るものなので、

もしも将来不仲になってしまった際に多少気まずくなるといったところでしょうか。

この程度のことであり、離婚率が高いというデータに基づいているわけではないので、

安心して入籍していただいて良いでしょう。

むしろ大変縁起の良い日ですし、『いい夫婦の日』に入籍することは素晴らしいと思います。

なぜ芸能人はいい夫婦の日に結婚(入籍)を決める?

芸能ニュースなどで芸能人の結婚は頻繁に取り上げられるテーマです。

気になる方も多いと思いますが、やはりいい夫婦の日である11月22日に結婚(入籍)している芸能人は多いです。

理由としては、語呂がよく縁起がいいこと、話題性が高くなることが挙げられるでしょう。

では、いい夫婦の日に結婚した芸能人を何組か紹介しましょう。

まずは、2002年に、小室哲哉さんとKEIKOさん

2006年に、井川遥さんと松本与さん

2007年に須藤元気さんと一般女性、2013年に加藤あいさんと一般男性

このように、いい夫婦の日に結婚している芸能人は多くいます。

いい夫婦の日とは何をする日? 婚姻届の提出は混雑する?

いい夫婦の日とは何する日?

実は『いい夫婦の日』で、何をするというのは特に決まっていないです。

けれど、冒頭でも紹介しましたように

「日本中のご夫婦に一層素敵な関係を築いていただきたい」という思いから生まれれた日なのであれば、

いい夫婦の日という機会を利用して、感謝の気持ちを伝える、プレゼントをするというのはいかがでしょう。

 

『いい夫婦の日』に結婚や入籍する方が多いことはここまで紹介してきましたが、

『いい夫婦の日』は既婚者の方も意識できる日でもあります。

結婚後時間が経つと、どうしても感謝の気持ちなどを伝える機会は少なくなってしまうものです。

普段言いずらい、伝えずらいといった方でも、この日を活用して感謝の言葉やプレゼントを贈ることで、

夫婦の絆を更に深めるというもの良いですよね。

いい夫婦の日の婚姻届の提出は混雑する?

ここまで見てきたように、いい夫婦の日に結婚したいという方は多いです。

そのため、婚姻届けの提出が混雑する恐れがあります。

確実に婚姻届を提出するためには、つぎのような方法が適切です。

なるべく窓口に提出しましょう。

時間外受付だと書類に不備があってもその場で指摘してもらえないため、日付がずれてしまう恐れがあります。

また、不備が出たときのために担当の人の名前を控えておくことも効果的です。

Sponsored Link

いい夫婦の日にふさわしい料理・スイーツとは?

『いい夫婦の日』にふさわしい一番のおすすめ料理は、相手の大好物の料理をつくることです。

これが相手にとって一番嬉しく謝の気持ちも伝わりやすいのではないでしょうか。

スイーツは、手作りのハート型のチョコやケーキがおすすめです。

もちろん手作りする時間がないという方でも、ケーキが買ってあるだけで嬉しいものです。

いい夫婦の日にふさわしい料理やスイーツを紹介しましたが、

普段奥様が料理をしている家庭は、旦那さまが料理をして、感謝の気持ちを伝えるのもよいのではないでしょうか。

入籍に適した日とは? 仏滅は避けた方が良い?

先勝や大安は縁起がよく、入籍に適しています。

これに対して、仏滅には婚礼や祝い事を避ける風習があるため、入籍には適していないでしょう

このように、日本の暦では、入籍に適した日や適していない日があります。

ですので、カレンダーに書いてある大安や仏滅などを参考に入籍の日を決めてみましょう。

ただ、あくまで風習なので、特に気にしなくても大丈夫かと思います。

いい夫婦の日の入籍の離婚率が高いはただの噂だった!

ここまで見てきましたが、『いい夫婦の日』は縁起がよく

この日に婚姻届けを提出し、入籍(結婚)する方は多いです。

離婚率が高いなどという噂もありますが、確かなデータがあるわけでもなく、

噂でしかないので気になさらず入籍日を決めていただければと思います。

また、既婚者にとっては感謝を伝えるいい機会と捉えて、

お互いを思いやる演出をするのも楽しそうで良いですね!

Sponsored Link