記念写真の撮影をイベント当日より前に撮っておくことを「前撮り(まえどり)」
と言います。早撮り(はやどり)とも言います。

子供の成長を願う大切なお祝いごとである七五三には、
お参りや写真撮影、食事会など、七五三では両親もお子様もやるべきことが山積みです。
そんな七五三を素敵に迎えるために、その前撮りをする方も多いんです。

今回は七五三の前撮りについてご紹介します。

Sponsored Link

七五三の流れを確認

七五三でやるべきことは、以下の通りです。

1、神社でお参り
2、写真撮影
3、家族・親戚で食事会

予算や場所は違えど、大きな流れは皆さん変わらないと思います。

イメージしていただくとわかる通り、
当日はかなりのハードスケジュールになることが予想されますね。

また、七五三シーズンとなる10月11月の土日は神社も写真スタジオも非常に混雑します

特に写真撮影子供相手になる為、予約時間が大幅に前後することもあります。

前撮りなら時期をずらしてお得に写真撮影できる

実はピークシーズンをずらすだけで、
写真撮影のスタジオには割引があるところがあります。

スタジオにもよりますが、
早割などで撮影料金が安くなったり、色々な特典がついたりします。

例えばこんなキャンペーン です。

また、衣装にも余裕があるため、お気に入りの衣装を選ぶこともできます

Sponsored Link

前撮りなら日焼け前の白い肌で撮影できる

写真撮影は和装が基本ですが、夏を過ぎた子供たちは真っ黒に日焼けしてしまいます。
特に女の子は白い肌のほうが写真映えしますよね。

最近では白い肌に画像修正してくれるスタジオもありますが、
前撮りで夏前に写真撮影をすれば、
日焼け前の白い肌で綺麗な写真を撮ることができます

夏前に撮るとなんだか早過ぎないかと思う方もいますが、
撮影スタジオは数え歳でも、満年齢でも、
どちらでも臨機応変に対応しているようですから、
撮影時期については気にしないでよいでしょう。

前撮りなら当日の負担が軽くなる

お参り、写真撮影、食事会の内、1つを事前に済ませるだけで当日の負担がとても軽くなります

特に主役のお子さんが、写真撮影に疲れてしまっていたりすると、良い写真が撮れません。

また当日は混雑や待ち時間などでイライラしがちです。
前撮りで写真撮影が済んでいれば、
当日はお参りと食事会だけになります
ので、両親の負担も軽減されますね。

お子さんの成長を祝う会が、スケジュールに追われて慌ただしくなるよりも良いと考える方もいます。

七五三の前撮り(まえどり)とは?
どんなメリットがある? まとめ

今回紹介したように、七五三の前撮りは一般的になりつつありますが、
おじいちゃん・おばあちゃん世代では抵抗のある方がいるのも事実です。

後々に響かないように、事前にお伺いをしておくのも良いかもしれませんね。

Sponsored Link