忘年会の二次会といえばカラオケですね。
友達や仲間内と行く自由なカラオケは大好きでも
会社関係のカラオケは気を使ってしまうから苦手…という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は年齢性別問わず盛り上がれる曲をまとめてみました。

※動画は公式にある場合のみ載せております。

Sponsored Link

1.女々しくて ゴールデンボンバー

2009年にリリースされたゴールンボンバーの曲で、 アップテンポな曲調と振り付けが特徴的な曲です。

紅白歌合戦で歌われたこの曲は年配の方もご存知の方が多いと思います。
場を徹底的に盛り上げるならなるべく早い段階でお披露目してしまいましょう。
振り付けも覚えて数人で踊ると更に盛り上がること間違いなし!の一曲です。

2.GOLDFINGER ’99  郷ひろみ

1999年にリリースされた、国民的スター郷ひろみの曲です。
サビの「ア・チ・チ、ア・チ」のフレーズが印象的な曲で、
このフレーズだけで思い出す方も多くいると思います。

どちらかと言えば上司ウケを狙う曲ですが、若手でも知っている人は多いはず。
サビ部分はさあ皆さんご一緒に!と掛け声を掛けて思いきり周りを巻き込んでしまいましょう。

3.ヘビーローテーション AKB48

2011年にリリースされた女性アイドルグループAKB48の曲です。
AKBの曲の中でも耳にしたことがある人が多い曲の1つではないでしょうか。
女性社員が可愛らしく歌うのはもちろん、
あえて男性社員が数人でアイドル感を前面に出して歌うのも盛り上がりそうです。

4.タッチ 岩崎 良美

1985年にリリースされた曲であり、アニメ「タッチ」のテーマソングです。
アニメソングでありながら幅広い世代で知名度が高い1曲です。
年配の方が多くいらっしゃる場合でも外すことはないでしょう。

5.創聖のアクエリオン AKINO

2005年にリリースされた曲であり、アニメ「創聖のアクエリオン」のテーマソングです。
アニメ自体を見たことがない人もいるかと思いますが、
一時期パチンコのCMで採用されていたため
年配の方でもその特徴的なフレーズを知っている方は多いはず。

歌いきるには体力と練習が必要な曲ですが、
上手く歌いきることが出来れば歌が上手い人の肩書もゲット出来るかも。

Sponsored Link

6.ロマンスの神様 広瀬香美

1993年にリリースされたウィンターソングの定番曲です。
一時期スキー用品のCMテーマソングに採用されていたこと、
冬になると必ず耳にすることから知名度が高く、年齢問わず知っている人が多いはず。
明るくてノリが良く、歌いやすいこの曲は忘年会の盛り上げ役にもぴったりです。

7.前前前世 RADWIMPS

2016年にリリースされた曲であり、大ヒット映画「君の名は。」の主題歌です。
映画を見た方も見ていない方も、テレビや街頭で一時期は毎日のように耳にしていたはず。
アップテンポな曲調は場を盛り上げてくれること間違いなしです。

8.パーフェクトヒューマン RADIOFISH

2015年にリリースされたRADIOFISHの曲です。
オリエンタルラジオの2人がメインボーカルとラップを担当していることでも有名ですね。

色々なテレビ番組で使用され、かつ出し物のネタとしても良く使用されているため
ある程度年配の方でも知っている人は知っていると思います。
プロモーションビデオを流して歌いながら踊れば、
特徴的な歌詞とダンスで場がかなり盛り上がりそうです。

忘年会カラオケで盛り上がれる厳選8曲!! まとめ

年齢性別を問わずみんなで盛り上がれる曲を選んでみましたが、いかがでしょうか。

会社のカラオケはプライベートで行くカラオケとは勝手が違いますが、
せっかくの機会なので歌うことも盛り上げることも楽しんでしまいましょう。
今まで面識が無かった人にも「○○の曲の人だ!」と覚えてもらえるかもしれません。

Sponsored Link