就職活動の面接でよく聞かれる質問の一つにストレス解消法があります。
よく聞かれる質問なら、どうやって答えれば良いのかを事前に準備しておけば、
焦ることもないですね。
今回はそんな面接で聞かれるストレス解消法の回答例について調べました。

Sponsored Link

面接でストレス解消法を聞く理由

そもそもなぜ面接でストレス解消法に関する質問がされるのでしょうか。
というのも、面接官は意味もなく質問をしているのではなく、
採用するべき人材かどうかを判断しているのです。

特にストレス解消法については、
その回答によって入社後のストレスに耐えられる人材かどうかを判断する重要な質問です。

回答の仕方やどういった点に注意すれば良いのかはしっかりと準備すべきでしょう。

面接官に評価が高いストレス解消法

実は、このストレス解消法が一番ウケが良いというものはありません。
どの解消法が良いということではなく、ストレスとどう向き合っていて、
それに対して適切に対応できているかということを見られています。

なので、具体的なストレス解消法はカラオケや旅行、
音楽を聞くことや運動をすることなど、実体験であればなんでも構いません。

ただ、お酒ややけ食いなど、
あえてマイナスのイメージを与えるような回答は避けるべきでしょう。

ストレスを感じても、そのストレスを受け止め対応できているという
適応力
を伝えることができれば、回答としては十分でしょう。

大切にしたいのは、質問に対して適切に答えるということです。

Sponsored Link

何にストレスを感じているのかを知っておく

ストレス解消法と合わせて、どんなことにストレスを感じるのか
ということもよく聞かれる質問です。

ここでも、何にストレスを感じるのかは人それぞれですが、
実体験を踏まえて回答すると良いでしょう。

例えば、受験や部活動などの経験や、
親や友人との人間関係、アルバイトの経験などでも構いません。

重要なのは、ストレスの原因をしっかりと把握していて、
どのように乗り越えたかです。

面接ではウソをつかないこと

面接となるとどうしても自分をよく見せようとして、
ウソをついたり、過大に表現しすぎです。

しかし、実際には話し方や質問に対して適切に回答できているかのほうが重要です。

事前に準備するのも、一言一句用意するのではなく、
話の要点だけを決めていて、都度臨機応変に回答できるようにしておきましょう。

後々で辻褄が合わなくなったり、突っ込んだ質問に回答できないと、
相手に与える印象は悪くなります。

緊張してしまうという方は、
イメージトレーニング しておくことで本番にリラックスして臨むことができます。

しっかりと回答して面接官に好印象を与えよう

ストレス解消法以外でも面接官にはいろいろなことを聞かれます。
言ってしまえば、就職活動や面接自体がストレスです。

面接の回答には正解と呼ばれる答えがある答えはありませんので、
回答よりも、回答の仕方や態度が重要です。

質問に対してしっかりと目を見て答えてくれるか、
清潔感や挨拶はできているかなど、総合的に判断します。

仮に質問に対して、うまく答えられなかったり、知らないことがあったとしても、
トータルでカバーできれば面接官に好印象を与えることができます。

しっかりと事前準備をすれば、そんなに緊張せずに本番で回答できるでしょう。

Sponsored Link