昔は伸びる日用品はゴムと相場が決まっていましたが、

最近は調べてみると、ほとんどがプラスチック、つまり合成樹脂なんです。

使うぶんには、どちらでも変わりませんが、一体、ゴムと樹脂の違いってどんなものなんでしょうかね。

Sponsored Link

ゴムと樹脂の違いとは?

ゴムと樹脂の違いが何かと言うと、ゴムは樹脂の一種です。

ゴムは少しの力で伸びて、力を抜くと瞬間的に元に戻る高分子物質素材で、

天然ゴム合成ゴムがあり、樹脂はゴムの木の樹液を原料としたもので、こちらも天然樹脂合成樹脂があります。

高分子物質の説明もしておきますね。

炭素を中心としたほとんどの有機化合物は分子からできていて、

炭素原子の重さ12を基準として比べた値が大きいものを高分子物質と言います。

たとえば18砂糖342で、たいていの有機化合物は500以下ですが、でんぷんやたんぱく質は天然の高分子物質です。

ゴムの定義とは? 天然ゴムと合成ゴム

ゴムの定義とは?

「ゴム用語辞典」なる書物があるそうで、

それによるゴムの定義とは「室温にてゴム弾性を有する高分子物質あるいはその材料(生ゴム)」とされています。

どういうわけか、ゴムの輸入関税は基本的に無税なので、税関ではさらに細かくゴムの定義が定められています。

Sponsored Link

天然ゴムと合成ゴムの違い

天然ゴムと合成ゴムの違いは、原料と製造方法が異なることです。

天然ゴムはゴムの木から採る樹液で作りますが、合成ゴム石油・ナフサから製造する化学工業品で、用途によって使い分けられています。

天然ゴムは特に優れた弾性をもっていて、爆発的に需要が伸びた時期もありましたが、

ゴムの木は限られた地域でしか育たず、また独占、寡占、政治、戦争などの要因で、制約の多い資源でした。

そうした問題を解決するために開発されたのが合成ゴムで、

研究が進んだ現在では、天然ゴムに迫る弾性を持つようになっていて、

天然ゴムの弱点である劣化しやすい、火や油に弱い、気候の影響を受けやすいといった点を克服しています。

さらに、合成ゴムに天然ゴムを配合して、互いの長所を併せ持つ製品も多く出回っています。

樹脂の定義とは? 天然樹脂と合成樹脂 プラスチックも樹脂の仲間?

樹脂とは、主に針葉樹から分泌される樹液が空気に触れて固まった「やに状」のもので、

これを天然樹脂と言い、石油を原料として作られた高分子化合物のうち、繊維とゴムを除いたもの合成樹脂と呼んでいます。

合成樹脂とはプラスチックのことです…ということで一般に通用していますが、

合成樹脂はプラスチックとエラストマーに区別される場合もあって、このあたりは曖昧なままになっています。

天然樹脂は水に溶けにくい半面、アルコールやテレビン油などの有機溶媒に溶けやすく、

揮発後は薄い膜となって残るため、塗料や充填剤(じゅうてんざい)として利用されています。

プラスチックは柔らかく元の形に戻りやすいという「可塑性(かそせい)」を持つ物質で、

金型などによる成形が容易なために、工業・医療分野、大量生産される日用品などに幅広く使用されています。

ゴム、樹脂とエラストマーの違いは?

エラストマーとは、ゴム弾性を持つ素材・材料のことで、

熱を加えても軟化しない「熱硬化性(ねつこうかせい)」と、熱すると軟化して冷やせばゴム状に戻る「熱可塑性(ねつかそせい)」があります。

ゴムはエラストマーの一種なので、ゴムとエラストマーの違いを考えた場合、

熱を加えて硬化するゴムは、熱硬化性エラストマーと同じ、熱可塑性エラストマーは異なることになります。

ではゴム(熱硬化性エラストマー)、樹脂、熱可塑性エラストマーの3つの違いをまとめてみます。

性質/ゴムと樹脂ゴム(熱硬化性エラストマー)樹脂熱可塑性エラストマー 
弾性
比重
熱変化固まる溶ける溶ける
成型
再利用
コスト

ゴムと樹脂の違いは「母と子」だった!

樹木から分泌される天然樹脂は、松脂、漆、琥珀、べっ甲、ゼラチンなど多くの種類があって、その中のひとつがゴムなんですね。

ゴムと樹脂の違いを例えるなら、樹脂は大きな数字の「分母」ゴムは1という「分子」となります。

Sponsored Link