2017年11月24日(金)22:00から放送される「マチ工場のオンナ」
女社長となった有元光を陰で支える夫、有元大役永井大さん
役どころは日々奮闘する妻をさり気なく支えている難しい役どころです。

そんな役に抜擢された永井大さんとはどのような人物なのか調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール

出典:http://www.weblio.jp/content/%E6%B0%B8%E4%BA%95%E5%A4%A7

氏名:永井大(ながいまさる)
生年月日:1978年5月20日(39歳)
出身地:新潟県西頸城郡青海町(現在の糸魚川市)

特技:バスケットボール
(小学校4年生~中学校3年生までバスケットボールをやっていました。)
配偶者:中越典子
性格:熱血で何事にも真っ直ぐ取り組み、負けず嫌いの性格でもあるので
全ての仕事に全力投球するタイプのようです。
所属事務所:ゲイダッシュ

芸歴

ご紹介したように永井さんは生粋の熱血派俳優でありながら
細マッチョイケメンとしても知られています。
そんな永井さんはどのようにして芸能界デビューを果たしたのでしょうか?

2000年にスーパー戦隊シリーズの24作目となる
「未来戦隊タイムレンジャー」で主演で芸能界デビューを果たします。
その後、学業に専念にするため、一旦芸能活動を休止します。
大学卒業後の2002年から活動を再開します。

現在は、俳優業はもちろん、スポーツ系バラエティ番組に出演するなどマルチな活躍を見せています。
さらに2003年にはベストスマイル・オブザイヤーを受賞しています。
それだけでなく、鍛え上げた肉体を活かしてスポーツマンNo.1決定戦に3度出演し、
準優勝を2回、優勝を1回した実力の持ち主です。

Sponsored Link

代表作

テレビドラマ「教師びんびん物語」で不良役を演じてその知名度は全国区になります。
その後「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」でプロバスケットボールプレイヤーを演じ、
その身体能力が話題になりました。

さらに、「サラリーマン金太郎2」では命綱無しで
吊り橋での命がけのシーンに挑戦し、
監督からも「この演技ができるのは、ケイン・コスギとお前だけ」と太鼓判を押されます。

その他にも「鬼嫁日記」「ラッキーセブン」といった名作にも数多く出演しています。
ドラマだけでなく映画や舞台俳優としても活躍の場を広げて
俳優としての知名度を上げていっています。

マチ工場のオンナ 夫役 永井大についてのまとめ

数々の有名作品に出演しているな永井さんですが、
マチ工場のオンナで演じるような妻を支える役はこれまであまりないようですね。
熱血俳優がどのように演じるのか注目してみてくださいね!

Sponsored Link