毎週日曜日に放送されているモヤモヤさまぁ~ず2

2018年2月18日の放送では、蔵前周辺が舞台でした。

そこで取り上げられた「台感」について詳しく紹介していきましょう。

『台感』の目印は、緑のロゴ入り暖簾と赤い提灯。

Sponsored Link

台感ってどんなところ? アクセスや営業時間は?

アクセス・営業時間

2月18日の放送で取り上げられた台感は、台湾カルチャーに特化したお店です。

2017年の12月1日にオープンしたばかりの新しいお店です。

まずはアクセスから見ていきましょう。

台感は都営大江戸線の蔵前駅、A5出口からすぐのところにあります。

また、都営浅草線の蔵前駅からはA4出口をでて徒歩4分のところにあります。

また営業時間11時から21時で定休日はありません。

人気台湾茶ブランド「Wolf Tea」

台感のプロデュースを手掛けたのは、台湾と日本をつなぐクリエイティブエージェンシーである「LIP」です。

このお店は、カフェとギャラリーが併設している形をとっています。

台湾での人気台湾茶ブランド「Wolf Tea」のお茶や台湾と日本のテイストを組み合わせたスイーツなどが楽しめます。

「Wolf Tea」は同じ産地で同じ時期に採れた茶葉のみをパッケージにして販売しているという特徴があります。

これにより、混じりけのない純粋なお茶の味を楽しむことができます。

このような手順を踏んでいるため茶葉の販売開始までには1年かかります。

強いこだわりのもとで作られた「Wolf Tea」。

是非台感に足を運んで、味わってみてはいかがでしょうか。

また、オンラインショップもあり、購入することもできます。

ギャラリーではイベントも開催

ギャラリーでは、オープン当初には開幕展として「100の台湾品質」が開催されました。

この展示がとてもおもしろく、ひとつひとつ写真と文字をじっくり眺めて楽しみました。

出典:http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2017/12/taiwan-quality/

様々なジャンルで活躍するクリエイターが選んだ100の品々が並びました。

この「台湾品質」では、「日常に台湾を」をテーマに、台湾にまつわるもの・人・ことを企画やイベント、日本での商品開発などを通して、日本の生活に浸透させていくプロジェクトです。

台湾文化に触れ合うことのできる台感 是非一度足を運んでみては?

普段あまり触れることのない台湾文化

台感では、気軽に楽しむことができます。

是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

冒頭の画像出典:http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2017/12/taiwan-quality/

Sponsored Link