NHKの人気番組の一つであるブラタモリ
2017年11月4日(土)放送の会では洞爺湖が舞台となります。
タモリさんは、洞爺湖の風景を特徴づけている要因を探るべく歩き回ります。

洞爺湖は北海道屈指の観光スポットであり、年間300万人もの観光客が訪れます。

ですが、まだ行ったことのない人も多いでしょう。
そこで、今回は洞爺湖へのアクセスや見どころを紹介していきます

※冒頭の写真は朝の洞爺湖。このようにブルーになることがあります。

Sponsored Link

洞爺湖へのアクセスは?

そもそも洞爺湖は、北海道の中でどのあたりに位置しているかはご存知でしょうか。
洞爺湖は札幌市の南西部に位置し、虻田郡(あぶたぐん)洞爺湖町と
有珠郡壮瞥町(うすぐんそうべつちょう)にまたがっています。

北海道の移動は、車・バス・電車が主な選択肢なので
それらのアクセスを1つずつ見ていきましょう。

車でのアクセスは?

新千歳空港から向かう際は、道央自動車道千歳I.C.から虻田洞爺湖I.C.まで
行くことができ、1時間15分ほどかかります。

札幌方面から向かう際は、国道230号〜定山渓〜中山峠〜洞爺湖温泉
行くことができ、2時間10分ほどかかります。

苫小牧・室蘭方面から向かう際は、道央自動車道苫小牧東I.C.から
虻田洞爺湖I.C.まで行くことができ、1時間ほどかかります。

函館方面から向かう際は、道央自動車道大沼公園I.C.から虻田洞爺湖I.C
まで行くことができ、1時間25分ほどかかります。

Sponsored Link

JRでのアクセスは?

新千歳空港から向かう際は、室蘭本線の特急を利用して新千歳空港〜南千歳〜洞爺
と行くことができ、1時間30分ほどかかります。

室蘭から向かう際は、室蘭本線の特急を利用して東室蘭〜洞爺
行くことができ、30分ほどかかります。

函館方面から向かう際は、室蘭本線と函館本線の特急を使って、函館〜洞爺
と行くことができ、1時間30分ほどかかります。

いずれの場合も、洞爺駅からは道南バスやタクシーで洞爺湖まで行くことができます。

バスでのアクセスは?

札幌から向かう際は、道南バスを用いてJR札幌駅から洞爺湖温泉まで
行くことができ、2時間45分ほどかかります。

室蘭から向かう際は、道南バスを用いて室蘭港〜伊達〜JR洞爺駅、
JR洞爺駅〜洞爺湖温泉
と行くことができ、2時間30分ほどかかります。

洞爺湖の見どころは?

洞爺湖へついたらまずは遊覧船に乗ってみましょう。
50分かけて中島をめぐるクルージングを楽しむことができます。
料金は大人1420円、小学生710円です。

遊覧船で巡る中島は、「観音島」「大島」「弁天島」「饅頭島」という4つの島の
総称であり、大島では島に降り立つことができます。

湖上で打ち上がる花火も見どころの一つです。
洞爺湖温泉街では4月末から10月末まで、
毎晩「洞爺湖ロングラン花火大会」を開催しています。

先程の遊覧船も花火鑑賞船として出航するので、より間近で見ることもできます。

そして近年話題になっている見どころが雲海(うんかい)です。
雲海は霧が溜まっていくことで発生し、春から初夏にかけて発生しやすいです。
洞爺湖では、有珠山のロープウェイや展望台サイロ展望台に加えて、
高台に建っている ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパからも眺めることができます。

・有珠山ロープウェイから見る雲海

出典:http://magazine.his-j.com/archives/6474

アクセスもよく、見どころの多い洞爺湖

ここまで見てきたように、洞爺湖は北海道の都市部からのアクセスが良く
気軽に訪れる事ができます。
また、見どころも多く豊かな自然に触れることができます。

北海道に行った際は、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link