楽しい夏休みもそろそろ終わってしまいますが、
9月に入ってもまだまだたくさんのお祭りが開催されます。
今回はそのうちの1つ、神奈川県の南足柄市と静岡県の小山町が合同で行う
「第46回足柄峠笛まつり」を紹介します。

Sponsored Link

南足柄市ってどんなところ?

南足柄市神奈川県西部に位置する、豊かな自然が残る市です。
都心からそれほど離れていない場所にも関わらず、雄大な自然や歴史を感じることが出来ます。

特に金太郎のふるさととして有名であり、あちこちに金太郎にまつわる史跡が点在しています。
「大雄山駅」で電車を降りるとまさかりを担いでクマにまたがり動物たちを従えた
私たちがイメージする姿の金太郎のブロンズ像がお出迎えしてくれます。

足柄山中の地蔵堂地区には更に金太郎に関する史跡が多く残っており、
金太郎が生まれた時に産湯として使われた「夕日の滝」「金太郎の生家跡」
金太郎が動物たちと遊んだ場所と言われる「金太郎遊び石」などを見ることが出来ます。

足利峠笛まつりってどんなお祭り?

平安時代の武将で笙(しょう)の名手であった新羅三郎義光(源義光)
兄の八幡太郎義家(源義家)を助けるべく東北地方の戦場に向かう途中で足柄峠に宿営した時
後を追ってきた笙の師匠・豊原時元の息子である豊原時秋
笙の秘曲を授け託したとされる故事に由来し
足柄峠を挟む神奈川県南足柄市と静岡県小山町が共同で開催しているお祭りです。
昭和47年に始まり、今年で46回目の開催となります。

※笙(しょう)とは

雅楽などで使われる管楽器の一種。足柄峠笛祭りの笛はこの笛のことを表しています。
wikipediaに画像が載っているのでご参考ください。

Sponsored Link

第46回足柄峠笛まつりの日程

【日時】
2017年9月10日(日曜日)
AM10:30~PM3:30頃

会場/笛吹石・広場笛
会場/広場・ステージ

※雨天時は聖天堂にて笛塚供養のみ行い、他の行事は中止となります

【会場】
足柄峠広場

【住所】
〒410-1313 小山町竹之下地先

【アクセス】
・公共交通機関を使用する場合
JR御殿場線「足柄駅」より臨時バスに乗車

小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄線に乗車し「大雄山駅」で下車、
箱根登山バス「関本」から地蔵堂行バスに乗り「地蔵堂」にて下車、1時間程徒歩

・車を使用する場合
東名高速道路・大井松田ICから30分程
東名高速道路・御殿場ICから30分程
※駐車場が約30台分用意されています。

【公式サイト】
http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/
南足柄市の公式サイトです。

http://www.wbs.ne.jp/bt/kankooyama/huematuri.htm
こちらは小山町観光協会によるサイトです。過去のイベントの写真が掲載されています。

http://www.fuji-oyama.jp/kankoubunka_event_foZ5umBy.html
こちらは小山町の公式観光情報サイトです。
周辺情報についても記載されているためこちらで情報を収集しておくと良いかもしれません。

第46回足柄峠笛まつりの見どころ

各種伝統芸能の保存会や愛好会が行う笙(しょう)や太鼓の演奏に踊り
そして恒例行事となっている南足柄市と小山町両市町小学生による
足柄城址広場の領地を争奪する綱引き合戦も見どころとなっています。

・内山雅楽会による笙(しょう)の演奏

・太鼓演奏の様子

・火縄銃を使ったイベントの様子

当日会場で豚汁の無料配布がされていますので、
小腹を満たしながらイベントを楽しむことが出来ます。
数に限りがあるそうですので早めに貰いに行くと良いですね。

南足柄市観光協会や小山町商工会による模擬店が出展されていますので
こちらも是非回ってみて下さいね。

第46回足柄峠笛まつりの日程は? 見どころも紹介! まとめ

今回は9月に開催される足柄峠笛まつりを紹介しました。
南足柄市と小山町の歴史や自然に触れることが出来る貴重なお祭りです。

名前は知っているものの日頃なかなか触れる機会のない火縄銃にも触れることが出来ますので、
このお祭りを機に歴史の勉強をしてみて下さいね。

Sponsored Link