ミートソースパスタなどソースが多いパスタを食べているときに
はねてしまって大事な服を汚してしまったことはないでしょうか?

かくいう私も仕事の合間のランチにYシャツを汚してしまって後悔したことがあります。
できたらこんな失敗は避けたいですよね?
ではいったい具体的にどうやって食べればはねないのでしょうか?

まずは 私の経験からはねた原因を探ってみました。

Sponsored Link

どうしてパスタは食べるときにはねるのか。その原因

1.食べ方を意識していなかった

私は特に「パスタははねる」ということに注意を払わずに、
とにかく腹を満たせればいいということを考えていました。

なので、フォークに巻き付けたり、巻き付けなかったり、
すすったり、すすらなかったり、
自由奔放に食べていたのです!

それは麺も暴れますしソースもはねますよね。

子供か! という突っ込みが入りそうですが。
まさしくガキのように食べていたのでごもっともとしか言いようがない。
いや恥ずかしいです。

2.慌てて食べていた

それでもゆっくり丁寧に食べていれば、激しく飛び跳ねることは
なかったのかもしれません。
時間のないランチのときだったので、つい慌てて食べてしまっていたことも
原因として挙げられます。

はねない2つのコツ!

1.少量のパスタをフォークの一部の歯に引っ掛けるのがポイント。
それからフォークを立てて巻く。
そのときに、お皿のふちに向かって巻くときれいに巻けるそうです!

2.口に持っていくときは、すすらずに一口で食べる。

たったこれだけです!

特にフォークで巻かなくてもいいそうですが、
その場合は少量ですすらずに食べられる量がいいでしょう。

半時計周りに巻くと、万が一麺が暴れたときに自分の方に向かないので、
そこまで気を付けられる人はやってみても良いです。
ただし、面と向かって食事しておられる方にはねないように注意しましょう。

下記に紹介するのは、客室乗務員やヒルトンのエグゼクティブフロアーを担当されていた経験を持つ
正門律子先生のマナー動画です。
2分程度の短い動画ですごく参考になりますので見てみてください。

パスタの食べ方文化の豆知識

パスタの食べ方にも国によって文化があります。
日本ですがスプーンが添えられていたり、箸のところもあるくらいですが、
本場イタリアではスプーンを使いません。
またフランスではフォークでカットして食べる文化があります。
面白いですね!

パスタの食べ方のコツ はねない食べ方とは? : まとめ

どうでしたか?
解説されると意外と簡単でしたね!
はねない食べ方は、きれいな食べ方や
品の良いマナーにもつながります
よね!

「これからはねずにきれいに食べたい」という方や、
「マナーを意識して食べたい」
という方は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link