クリスマスシーズンに咲く花として人気のあるクリスマスローズ
プレゼントとして贈る時、花言葉が気になるところですね。
今回はクリスマスローズの花言葉や意味について調べてみました。

Sponsored Link

クリスマスローズってどんな花なの?

クリスマスローズは、花の少ないクリスマスシーズンに咲くバラのような花です。
ローズとありますが、バラ科ではなくキンポウゲ科の植物です。
学名ヘレボルスと呼ばれ、クリスマスローズは和名です。

実は毒草として知られているトリカブトも同じキンポウゲ科で、
クリスマスローズも根に毒があります。

クリスマスローズの花言葉は?

プレゼントとして花を贈る際、花言葉はとても大切です。

クリスマスローズにもこんな花言葉があります。

「慰め」「中傷」「追憶」「私の不安を和らげて」

花言葉だけみると、えっと思ってしまう言葉が並んでいますね。

また、クリスマスローズは色が豊富なことでも有名です。

正式ではありませんが、白は「中毒」ピンクや赤が「慰め」という意味と言われています。

Sponsored Link

クリスマスローズの花の意味は由来は?

ヨーロッパではクリスマスローズの香りが、病人から悪臭を取り除くとされ、
ギリシアでは狂人を正気に戻すとされていたそうです。

そういった由来から、花言葉の「慰め」や「私の不安を和らげて」につながったのでしょう。

根に毒があることが、花言葉の「中傷」の由来です。

クリスマスローズにまつわる伝説について

実はこのクリスマスローズキリスト教で語り継がれる伝説があります。

キリストの誕生を祝おうとした貧しい少女が、贈り物がないことに悲しみ、
流した涙の土から真っ白なクリスマスローズが咲き乱れたというのです。
そして、その真っ白な花を摘み、聖母マリアとキリストにささげたとという伝説です。

こういった伝説のおかげもあって、クリスマスローズはキリスト教の国で広く受け入れられています。

花束ではなく鉢花でおすすめなクリスマスローズ

花言葉だけをみると少し戸惑ってしまいますが、
その意味や由来を知れば、聖母マリアやキリストへ贈られたとされる素敵な花です。

そんなクリスマスローズは、鉢花として贈るのも人気です。

ただし、贈る相手がこういった植物を育てることが好きでない場合は、
もらっても困ってしまうこともあるので、その際は花束などにしてあげると良いでしょう。

クリスマスローズの花言葉や意味まとめ
花言葉を気にしすぎなくてもよい?

花を贈る際に気になる花言葉ですが、
実際には宗教的な背景や国々の歴史に由来するものが多く、
実はいろいろな解釈もあったりします

全く正反対の意味を持っている花もあるほどですから、
花言葉にこだわり過ぎる必要はなく、
贈る花自身の美しさを大切にしてあげても良いでしょう。

Sponsored Link