ファッションの一部として人気のピンキーリング
カップルでもペアでつけていたり、さりげないアクセサリーとして付けている方も多いようです。
そんなピンキーリングですが実は男と女でその意味が少し違うようです。
また右手と左手によっても、指輪の持つ意味が異なります。
今回はそんなピンキーリングの意味の違いについて調べてみました。

Sponsored Link

そもそもピンキーリングとは?

ピンキー(pinky)は小指リング(ring)は指輪を意味していて、
小指にはめる指輪を意味してます。

指輪と聞くと婚約指輪などをはめる薬指を思い浮かべる方もいますが、
実はライトな感覚でファッションとして付ける指輪として男性にも人気です。

そんなピンキーリングには、おしゃれだけでなく、
ちゃんとした意味があるそうです。

諸説ありますが、ピンキーリングはアメリカの南北戦争時に、
未亡人でいることを表すためにしたとされているそうです。

女性がつける意味、左手と右手の違いは?

婚約指輪と違って、独身でもパートナーがいても付けることができるピンキーリングですが、
女性がつける場合の意味を紹介します。

ピンキーリングは右手と左手でそれぞれ意味合いが異なっていて、
右手のピンキーリング自己アピール幸運を呼ぶという意味があります。
厄除けのような意味もあるそうです。

反対に左手の小指につける場合は、
何かしらの願い事があってそれを叶えたい時につけるそうです。
片思いの相手がいる場合などにおすすめです。

また、左手の小指は変化の象徴とされているので、
新しい出会いを求めている人も左手にピンキーリングをすると良いでしょう。

Sponsored Link

男性がつける意味、左手と右手の違いは?

ファッションとして男性にも人気のあるピンキーリングですが、
男性の場合は少し違った意味があります。

まずは右手につける場合ですが、
自己実現、自己アピールという意味から、
出世や権力、相手に対する願いなどといったものになります。

精神的な力を意味するとされ、恋愛的な要素は少ないようです。

一方の左手ですが、片思いの人がいる願いを叶えたいといった場合です。
内面というより、外に見える力としての意味が強いようです。

どうしても叶えたい願いがある場合や、自分の成功、恋愛成就といった意味です。

意中の相手がいる場合:早とちりは禁物

意中の男性がいる人の場合、その男性が左手にピンキーリングをしていた場合、
片思いの相手がいるかもしれませんし、 単に仕事やプライベートでの成功を願っている
のかもしれませんのでどちらかに偏った見方をするのは禁物です。

また、意中の女性がいる人の場合も
「その女性がピンキーリングを左手につけている=新しい出会いを求めている」
と安易に思わずに、片思いの相手がいる場合もあるということも頭に入れておきましょう。

ピンキーリングの意味(男女、左右の差)まとめ
意味を知ると見方も変わってくる

実際にはファッションとして気軽につけている人も多いようですが、
こうした意味を知ってつけると一味違った見方ができますね。

相手がピンキーリングをつけている場合、
何かしらの願いを込めているかもしれませんね。

その日によって、右手と左手を付け替えるなんて人もいるようで、
気軽に楽しむことができそうですね。

Sponsored Link