ひがしまつやま花火大会は、今年で18回目を迎える花火大会です。
「つなげよう未来への絆の花火」というスローガンを掲げ、
熊本震災で被災された方へのエールを送るイベントとして開催される予定です。
当日は熊本地震復興のための募金活動も行われます。


※写真はイメージです。

Sponsored Link

東松山はどんなところ?

埼玉県にある東松山は、市でいうと埼玉県のほぼ真ん中にあります。
電車なら東武東上線、車なら高速道路から関越自動車道でのアクセスになります。

少し懐かしいですが、新川優愛さんやだいたひかるさんの出身地だそうです。
そして、東松山と言えば「やきとり」の街としても有名です。

ひがしまつやま花火大会2017年の
イベントスケジュールとみどころ

【日時】
平成29年8月26日(土) 19:00開始(小雨決行)

雨天・荒天の場合は8月27日(日)に順延
当日の演武会場は昼の部と夜の部で会場が分かれています。

【会場】
都幾川リバーサイドパーク
住所:東松山市大字高坂700−1

【アクセス】
電車の場合 東武東上線の高坂駅から15分
車の場合 関越自動車道の東松山インターから約10分
ただし、会場には駐車場が用意されていませんので、
公共交通機関の利用がおすすめです。

【みどころ】
まずはメインの花火ですが、打ち上げ数約5,000発の迫力です!
会場となる都幾川リバーサイドパークは大きなグランドで、周りに視界を遮るものがありません。
花火を非常に近くに感じることができる大会です。

【公式サイト】
http://www.higashimatsuyama-kanko.com/10.html

Sponsored Link

周辺の穴場を紹介 ピオニウォーク東松山

ピオニウォーク東松山にある大型のショッピングモールです。
花火大会前までの時間を過ごすには最適です。

また、会場の都幾リバーサイドパークには駐車場が用意されていませんが、
こちらには大きな駐車場が用意されてます。
会場からの距離は約500メートルです。

ただし、花火大会当日は屋上駐車場は終日乗り入れが禁止されています。
また、夕方以降は周辺道路が混雑すると予想されていますのでご注意ください。

周辺の穴場を紹介 くらかけ清流の郷

夏と言えばバーベキューですよね。
東松山は自然豊な場所としても人気です。
なかでもおすすめは「くらかけ清流の郷」です。

駐車場・トイレが完備されていて、予約をすれば手ぶらでも楽しむことができます

花火前にバーベキューを楽しむのも良いかもしれませんね。

東松山の名物を紹介

東松山は「やきとり」が名物です。
ちなみに、やきとりといっても実は鶏肉ではなく、カシラと呼ばれる豚肉です。
これを辛いみそだれに付けて食べるのが東松山流です。

ちなみに周辺エリアのやきとり店が掲載された、
やきとりMAPというものがこちらにあります。

ひがしまつやま花火大会2017の穴場は?
見どころも紹介! まとめ

いかがでしたか。
東松山は花火以外にも楽しめる場所がいろいろあるので、
花火前の時間も使って一日楽しむプランも良いかもしれませんね!

Sponsored Link